【新商品】tovo藍染Tシャツとてぬぐい(2016年版)

T-SHIRTS-front

大変お待たせいたしました。やっと、tovo藍染Tシャツとてぬぐい(2016年版)が完成致しました。

今回、全面的にご協力頂きました青森市アトリエカヌーさんに、藍染のTシャツの相談をしたのが今年の、まだ雪の残る春。それから約4ヶ月。本当に丁寧に一枚一枚染めて、抜染して頂いたアトリエカヌーの竹内さんには感謝しております。ありがとうございます。

なんで、そんなに時間がかかったのか?
先月に発行しましたtovo paperの特集記事(坂本小雪さんの記事「tovo藍染Tシャツ 作業体験レポート」)を読まれた方もいらっしゃると思いますが、少し説明させて頂きますね。


アトリエカヌーの竹内さんの藍染方法は、江戸時代から伝わる「天然藍灰汁醗酵建(てんねんあいあくはっこうだて)」という方法。化学薬品を一切使わず、自然の原料のみを使用する染め方。今も自然志向の藍染め愛好家によって楽しまれている方法で、殺菌・抗菌作用やUVカット効果などがあるとされており、なんといっても天然藍だけにしかない美しさが魅力です。でもでも、ということは、、、つまり、ものすごく手間と時間がかかる作業だということですね。

tennensukumo

今回、Tシャツのボディは、ユナイテッドアスレの5001-07/5001-72という後染め専用モデルを使用しました。後染め用だから、それ用になっているんだろうと思っていましたが、しかし、違うんですね。

まず、竹内さんは、Tシャツに付いてる糊や脂や汚れを落とすための精練作業から始めます。Tシャツには沢山のデンプンや脂汚れ、油脂、蝋、蛍光増白剤が付いてる為、専用の洗剤でシャツを煮るんです。寸胴で約1時間煮沸、そして、撹拌(かくはん)その後、洗濯をしてTシャツを乾かします。これをしないと染め終わっても白斑が出てしまうそうなんです。1枚2枚ではないですよ。今回tovoが用意したTシャツのボディを全てに対してこの作業が最初に行われました。これだけで何日かかるんだろう?という話です。

そして、ここからは、先月発行のtovo paperの特集記事(坂本小雪さんの記事「tovo藍染Tシャツ 作業体験レポート」)で坂本小雪さんが詳しく報告してくれていますが、

whiteT

事前に用意した精錬の済んだTシャツを、まずは灰汁に漬けてTシャツをアルカリ(ph10.5以上)に馴らしていきます。

some

染め液が空気を嫌うため、シャツをギュっと絞ったまま、空気に触れる面積をできるだけ少なくして、そのまま染液に入れ、染液の中でゆっくりTシャツをほぐし広げながら、染液に浸していきます。

shibori

しばらくそのまま漬けておきます。坂本小雪さんたちが染め体験をした日は、このまま3〜4時間放置してたようですが、竹内さんはいつもは染液の調子のいい時に、朝から夕方まで液に浸けるようです。

some-05

放置後、今度はTシャツを染液からゆっくり取り出します。まずは水ですくもを落として、クエン酸を加えた水に漬けて中和させ、絞って空気に当てると、それまで緑がかっていた色が、青く発色してきます。坂本小雪さん曰く、確信的な青み!とのこと。

green

shower

shower3

さらに、なかなか取れない付着したすくもの繊維は、洗濯機では取れにくく、シャワーで丁寧に洗い落としていきます。一旦乾いてしまうとすくもの繊維は取れないようです。よく洗い流したら、乾燥させます。

sukumo

今回のtovoのTシャツは、この染めの大変な作業を3回〜4回繰り返しています。そして、やっと完成したのが今回のTシャツの青です。何度も言うようですが、1枚2枚ではないですよ。今回tovoが用意したTシャツ全てに対してこの作業が繰り返し繰り返し行われたわけです。

silk

その後、今度は抜染。今回はtovoのシルクスクリーンを製作し、フロントとバック、各々一箇所ずつ抜染してもらいました。シルクスクリーンを使って抜染材を塗り、放置。一晩たつと、抜染材が触れた部分だけ藍色が抜染し白くなります。これでやっとTシャツの完成になります。